Organic Restaurant Taritotto

オーガニックレストラン たりとっと
096-273-0394
オーガニックレストラン たりとっと

Organic Restaurant

​Taritotto

スプーン一杯で
20種類以上の野菜
 
Organic Restaurant

オーガニックレストラン たりとっと

 音だけを聞くとまるでイタリア語のような『たりとっと』。その名の由来は「足りてる?」「足りてるよ」という意味の熊本弁から付けられています。「栄養が足りてるよ」「野菜が足りてるよ」という意味の親しみのある言葉に惹かれ、たくさんの方々に本当にいい野菜をお届けしたいという想いを託しました。

 たりとっとのメニュー作りのコンセプトは「からだの為に食べたいもの」と「生産者と消費者をつなぐ地産地消」。安全で美味しい旬の有機野菜やこだわり野菜をたっぷり使った本格カレーと、野菜が一度にたくさん摂れる手作り商品をお届けしています。

​熊本県産の有機野菜や化学農薬肥料を使わない野菜を中心に、からだに優しい調味料、無添加なたね油、また飲料水には水素水を使用し、徹底してからだ想いの優しい調理を心がけています。

Organic Vesitable
有機野菜と向き合うということ

 市場で競り買いした青果物を流通させる、八百屋「つのだ青果」を生業としておりましたが、1999年に熊本の老舗食品卸問屋さんが運営していた有機農産物の宅配業務を引き継いだのがきっかけで、有機農産物を取り扱うようになりました。青果物の扱いには慣れているものの、市場に並ばない有機農産物を集め、一人一人のお客様に宅配セットを作るというのは、当時は大変なことでした。有機生産者を探し、有機の世界へのめり込んでいくうちに様々な経験をし、普通の八百屋としてではきっと知り合えないような方とも親しくさせて頂けるようになりました。

ある時、宅配セット用の有機の人参が2袋だけ不足してしまったことがあり、遠方の生産者のところへ夜分遅くに取りに伺ったことがありました。その時の生産者さんの言葉が「あなた達は有機の人参2袋だけの為に、わざわざこんなに遠くまで取りに来たの?八百屋なんだから、普通の人参使えばいいのに。」   この言葉が強烈で、私どもを奮起させる一言となりました。

 まず私達、流通業者が正直であること、そして生産者と流通業者が強い信頼で結ばれていること、それこそが有機の裾野を広げるのだと。有機農産物の将来は我々にかかっていると強く思ったのです。​それから有機農産物の宅配以外にも有機農産物の加工を始め、2003年には有機農産物と香辛料で開発した自社ブランドカレー「たりとっと」が完成いたしました。

About our restaurant

Taritotto, originally started as a small restaurant in 2003. Then the name of the restaurant was “Chisan Club” literally meaning “Locally produced food club”. In 2016, the restaurant name was changed to the present name “Taritotto” , meaning “Do you have enough?” in Kumamoto dialect. 

Taritotto wants to offer the food which is good for the body. Also Taritotto wants to be a go-between for the consumers and the producers by supplying locally produced food at the restaurant. We offer curries made with lots of vegetables- mainly organic vegetables, all of them grown without farm chemicals.  We do not use MSGs and  GMO products in our food.For drinking water, we serve hydrogen water.